大阪なんばのダイエット 痩せるパーソナルジム「アダプト」 大阪|難波

プライベートジムに通うことのメリット、デメリット

■ニックネーム:かず ■性別:男性 ■年齢:20歳~25歳


プライベートジムとは、一般的にジムのトレーナーがマンツーマンで指導してくれるジムのことを言います。プライベートジムに通うことの目的は、人それぞれあるとは思います。ダイエットをして痩せるために通うことも一つですし、よりよいからだ作りのために通うこともあります。運動不足を解消するための目的もあります。個人的には、ダイエットのため、というのが一番多い理由なのではないかと思います。私も痩せるためにジムに通い、実際に合格を実感しました。ここでは、プライベートジムに通うことによるメリットとデメリットについて書いていこうと思います。私は、プライベートジムと一般的な筋トレ設備の揃ったジムの両方に通ったことがあります。結論からいうと、別にどちらがいい、ということはありません。どちらにも、それぞれのよさがあるのです。プライベートジムの一番のメリットは、もちろん、マンツーマンの指導です。ジムにあまり縁がなく、どういったトレーニングをしたらいいかわからない人は、一人で普通のジムに通うより、しっかりとした指導者のもとトレーニングを行うことが、効率的であり、安全面でも優れています。例えば、ダンベルを使った上腕二頭筋のトレーニングに関しても、ダンベルを下ろすとき、肘を伸ばしすぎると、肘を痛めてしまい、トレーニングに支障が出ます。その点、トレーナーの方がついていてくれることで、正しいやり方を教えてくれ、間違ったフォームでやっているときは、修正をしてくれます。トレーニングに自信がない人は、プライベートジムに通うことをおすすめします。しかし、もちろんデメリットもあります。プライベートジムは、トレーナーの数が限られており、予約がとれない場合も多々あるのです。基本的には、同じトレーナーに指導して頂くことがダイエットの効果を効率よく出すためにはベストだということもさらに予約がとれないことの一因です。さらに、プライベートジムの会費は、一般のジムと比べて高めになっています。プライベートジムに通うためには、多少の経済的余裕が必要なのです。しかも、予約がとれないことにより、月に行ける回数が限られて、会費がさらに高く感じられるかもしれません。そういった面では、プライベートジムのデメリットは経済的なものが一番なのだと思われます。加えると、マンツーマンでトレーナーの方と接するため、一度ジムに行かなくなると、気持ち的に次の機会が遠退く、という面もあります。一般的な会員制のジムは、コスト面でも比較的安く、予約をとる必要もありません。マンツーマンで顔を合わせることも少ないので、一度いかなくなったからといって、気まずいということもありませんが、初心者の方は、トレーニング方法が分からないことが考えられ、ダイエットの効果が効率よくは出ない、ということが考えられ、あまりおすすめできません。どちらのジムを選択するにしても、自分の状況に合わせて、ジムを選択することが重要なのです。

大阪 ダイエット ならアダプト